特別無料レポート

会社を再生・廃業・破産させる時に知らないと損する必須知識

会社を再生・廃業・破産させる時に、必ず知っておくべき必須知識を解説したお得な無料小冊子です。再生を目指すのか、廃業するのか、決める前に必ず読んでください。

事業を再生しようとしている方は、メールアドレスを記入して、今すぐ請求してください。
メールアドレス

(例)nihon@example.co.jp

特別無料レポートの概要

破産する企業と、再生できる企業の差はここにある「再生できるための6つのポイント」

債務超過や支払困難に陥ってしまっても、見事に再生できる企業があります。
しかし、逆に再生できずに破産してしまう企業もあります。
その違いを簡潔にまとめてあります。

企業が再生するための手段「あなたの事業を再生させる9つのスキーム紹介」

以下の項目について説明しています。

  1. 事業再構築
  2. 第二会社設立方式
  3. 会社分割
  4. M&A
  5. 事業信託
  6. 債権買取
  7. 私的整理ガイドライン
  8. 民事再生
  9. 会社更生

あなたの会社を清算する3つの方法

  1. 任意整理
  2. 破産
  3. 特別清算

無料レポートを必要とされている方へ

事業を行うということは、多数の関係者との関係を作り出すことになります。
事業がひとたび危機に瀕し、会社が倒産するなどすれば、代表者の家族はもとより、従業員やその家族、売掛金が回収できなくなった取引先の代表者や従業員までもが路頭に迷う結果となる可能性があります。

事業を再生する方法があるにもかかわらず、それを知らないだけでそのような悲惨な結果になることも多いのです。

反対に、再生可能性がないのに、いたずらにずるずると事業を続けると、きちんと会社を整理することができず、損害を受ける関係者が多くなり、被害の拡大につながることになります。

事業を行う者には大きな責任が伴っています。
いったん事業を興したからには、その責任を全うしなければなりません。
たとえ債務超過に陥ったとしても、あらゆる手段を尽くし、方法があれば再生させ、廃業した方がよければ勇気ある決断をしなければならないのです。

このレポートが、あなたの決断の一助となれば幸いです。

事業を再生しようとしている方は、メールアドレスを記入して、今すぐ請求してください。
メールアドレス

(例)nihon@example.co.jp

無料レポートをご請求の方には、すぐに返信メールでダウンロード先のURLをお届けいたします。すぐに届かなければ、メールアドレスが間違っている可能性があります。再度ご請求ください。

また、その後も何回かにわたり、メールにて有益な情報をお届け致します。
yahooや、hotmailなどの場合、迷惑メールに分類されることがあるので、それ以外のメールアドレスをお持ちの方は、そちらの方がよろしいかと存じます。

Adobe Readerのダウンロード

無料レポートを読むためには、Adobe Readerが必要です。インストールされていない方は、左ボタンよりダウンロードしてください。

※いただいた個人情報は、無料レポートの送付、事業再生に関連するメールマガジンの送付、その他当事務所からのお知らせ、相談業務、ご依頼案件の遂行の目的でのみ利用しますが、詳しくは、こちら

ページの先頭に戻る

  • ご相談申込フォームはこちら
  • 特別無料レポート 会社を再生・廃業・破産させる時に知らないと損する必須知識