弁護士による会社破産手続・再生手続SOS

廃業・整理・破産を検討する方へ

次に当てはまる人は、
相談するのは、
です!
次に当てはまる人は、相談するのは、です!
  • 銀行からリスケジュールを
    断られた
  • 金融機関への支払を
    滞納した
  • 税務署や社会保険事務所
    から差押予告通知がきた
  • 従業員の給料支払いが
    遅れた
  • 取引先から裁判を
    起こされた
  • 3ヶ月先の資金繰りの予定
    がつかない
みらい総合法律事務所に依頼する4つのメリット
ここをタップして電話をかける メールで相談する

当事務所の書籍

その他の当事務所所属事務所による30冊以上の書籍一覧はこちら

廃業・整理・破産をする前に
必ず知っておくべき
3つのポイント

Point1
資金繰りから解放される

会社の社長は、もちろん事業を行うことが仕事ですが、資金繰りが苦しくなると、本来のマーケティング活動、営業活動などが一切できなくなってきます。

仕入れ先、外注先への支払、従業員の給料、税金の納付、そして銀行への支払、など、次から次へと支払期限が追いかけてきます。

そして、それらを1度でも滞納すると、矢のような催促です。
したがって、どんなことがあっても支払のための資金を準備しなければなりません。

その結果、社長は、毎日資金繰りに追われるようになってしまうのです。
資金繰りの苦しみは、体験した者でなければわかりません。
そのストレスから夜眠れないのは当たり前、血尿が出る社長も珍しくありません。

しかし、会社を整理や破産すると、そのような苦しい資金繰りからは解放されます。
もちろん事業がうまくいかなかった悔しさはありますが、資金繰りから解放されたことで皆晴れ晴れとしています。

一刻も早く悩みから解放されましょう。

Point2
取り立てがストップする

仕入れ先への支払、銀行への支払、税金の滞納、従業員の給料の支払。
このような支払が滞ると、矢のような催告に責められます。

彼らは、どんな事態が起ころうと、支払いが期日どおりに行われると信じています。
したがって、期日に遅れると、矢のような催告をしてくるのです。
会社の経営者は、事業のプロで、事業では何があっても解決することができるでしょう。

しかし、資金がショートし、厳しい取り立てを受けたらどうでしょうか。
そのようなことに慣れている人はほとんどいません。
ストレスが溜まり、事業のことも考えられなくなるでしょう。

中には、自宅にまで押しかけてくる債権者もいます。
今は、あまり聞きませんが、昔は、経営者の身柄を確保した者が債権回収を有利に進められる、ということで、債権者は、経営者を捜し回ったものです。

しかし、会社の整理や破産を弁護士に依頼したら、そのようなこともありません。
債権者の催告がストップします。
取り立てに心を煩わせることはなくなります。
心の安らぎを取り戻しましょう。
ぜひ、ご相談ください。

Point3
新たに人生をはじめられる!

中小企業の社長にとって、会社は自分の人生そのものです。
したがって、会社を整理したり清算したりするのは、断腸の思いでしょう。

しかし、人生の目的は、会社そのものではありません。
自分と家族がいかに幸せに生きられるか、ということです。

会社も、そのためにあるはずです。
会社を倒産させて悲嘆にくれる社長もいますが、他方で、長い苦しみから解放されて、とても晴れ晴れとした表情をする社長もいます。

借金から解放されて、また新たにビジネスをスタートする人もいますし、自由な時間が増えて、家族との時間を満喫する人もいます。

いずれにしても、会社の整理や清算は、人生の再スタートです。
要は考え方次第です。

会社倒産を避けるために、支払を引き延ばし、従業員に給料を遅配したり、ということが、自分の人生にとって幸せなことでしょうか。
周りの人たちの人生にとって幸せなことでしょうか。

決断するのは、今だと思います。ぜひ、ご相談ください。

理由1
弁護士20人以上の総合力

みらい総合法律事務所には、弁護士20人以上が所属しています。
1人の弁護士の事務所では、大変多忙で、連絡がつかないことも多いと聞きます。また、当事務所では、毎月全弁護士で弁護士で勉強会を聞いたり、ノウハウを蓄積しています。

理由2
マスメディアからの取材多数の実績

みらい総合法律事務所は、「報道ステーション」
(テレビ朝日)、「Mrサンデー」(フジテレビ)
生出演の他、マスメディアから取材を多数受けております。

マスメディア実績はこちら >>
理由3
書籍50冊以上の信用力

みらい総合法律事務所では、専門書やビジネス書など書籍を50冊以上出版しています。
常に研鑚を積むべく日々努力しております。

書籍一覧はこちら >>
理由4
弁護士経験25年以上の経験とノウハウ

みらい総合法律事務所代表パートナーの谷原誠弁護士は、平成6年4月に東京弁護士会に登録した弁護士であり、約25年間以上にわたる豊富な経験があります。

二度と自殺者は、出さない!

谷原誠

こんにちは。弁護士の谷原誠です。

私の依頼者が自殺しました。

私がまだ駆け出しの弁護士だったころ、20年近く前の話です。

ある会社の社長から、「会社を整理したい」と相談されました。

一口に会社を整理する、と言っても、法的手続もあれば、裁判所を通さない私的整理もあります。

また、会社を再生させるのか、清算してしまうのか、という違いもあります。

私たちは色々な観点から検討しましたが、今回は会社を破産させるしかない、との結論に至りました。

そこで、破産手続の準備を進め、あとは書類を裁判所に提出するだけ、という段階になり、夜遅く社長は帰っていきました。

その時の社長は、何か思い詰めた顔をしていました。

私は声をかけようとしましたが、まだ雑務が残っていたので、そのまま見送るだけにしてしまいました。

その翌日、私は社長のご家族から連絡を受けました。

社長が自殺したのです。

社長は、残された妻と子供に生命保険金を残し、自ら命を絶ったのです。

私は大変なショックを受けました。

私が社長に声をかけ、勇気づけていれば、このような結果にはならなかったかもしれません。

破産をしても、晴れ晴れとした顔をしている方もいます。

破産をしても、人生の再出発と位置づけ、また事業を開始する人もいます。

破産をして、やっと自由にできる時間ができ、家族とつつましく幸せに過ごしている人もいます。

全ての経験は、その人の受け取り方で天国にもなれば地獄にもなります。

私は、二度と自分の依頼者を自殺などさせたくはありません。

破産でもいいじゃないですか!

前向きにとらえ、新しい人生をスタートさせましょう。

私たちが、そのお手伝いをいたします。

ご相談の流れ

面談相談のご連絡

まずは、電話またはご相談フォームよりご連絡ください。

電話:受付時間 
平日10:00~17:30
03-5226-7355
ここをタップして電話をかける
ご相談フォーム:
24時間365日受付可能
ご相談フォーム
相談日時の決定

貴社とのスケジュールを調整し、面談日を決定いたします。

ご相談料は、初回面談時のご相談は、30分無料です。

来社によるご相談

必要書類をご持参のうえ、ご来社ください。
担当弁護士がお悩みをお聞きし、具体的な解決策をご提案いたします。

弁護士費用のお見積もり

ご依頼いただく場合の弁護士費用についてお伝えいたします。

契約の締結

ご依頼いただく場合、会社と弁護士とので委任契約を締結いたします。

案件に着手

担当弁護士が、貴社の代理人として、対応いたします。

相談時にご用意いただく書類

相談時にご用意いただく書類は、以下のとおりです。
お手元にある書類だけで結構です。余裕があれば作成していただければと思います。

  • 確定申告書写し(直近2期分・勘定科目内訳書添付)
  • 資金ショートが近い時は、債権者一覧表
  • 会社概要(会社案内、パンフレット等)
  • 不動産がある場合は、登記簿謄本
  • 作成している場合は試算表、資金繰り表
  • 代表者が不動産を所有している場合は、その不動産の登記簿謄本

ご相談予約フォーム

  • 会社名必須
  • お名前必須
  • メールアドレス必須
  • お電話番号(半角数字)必須
  • ご相談・お問い合わせ内容必須

「上記の内容で送信する」ボタンを押して、内容を送信してください。
追って相談日程の調整をさせていただきます。

※個人情報は、法律相談及びその後の依頼業務を利用目的としますが、取り扱いについては 、こちらをご覧ください。