弁護士による会社破産手続・再生手続SOS

DES

著者: 弁護士法人みらい総合法律事務所 
代表社員 弁護士 谷原誠

DESとは、会社の債務を会社の資本に振り替え、債務額を少なくする方法です。Debt(債務)、Equity(資本)、Swap(スワップ)の略です。債権者に債権放棄をしてもらうかわりに、債権と株を交換し、債務額を減らします。

債務者にとっては、債権放棄をしてくれない債権者に対する債務も削減できること、バランスシートが綺麗になることなどのメリットがあります。他方、債権者にとっては、債権放棄をしてしまうと、それで後は一円も回収できませんが、債権を株に交換しておくと、後で債務者に再建が成功した場合には、株式の売却によるキャピタルゲインを取得できること、株主として経営を監視できること、配当収入を期待できること、などのメリットがあり、行われています。ただし、DESが行われるのは、主に上場している企業の私的整理において行われます。中小企業の場合には、市場価格がなく評価が難しいこと、株式の売却が困難であることなどから、銀行などが債権者の場合には、ほとんど利用されていない状態です。

DESの方法としては、債権者が債務者に対して現物出資をし、それと引き換えに債務者が債権者に対して新株を割り当てる方法と、債権者が債務者に株式払込金として現金を支払うと同時に債務者が債権者に債権の弁済をし、債務者が債権者に対して新株を割り当てる方法などがあります。