弁護士による会社破産手続・再生手続SOS

DDS

DDSとは、会社の債務の一部を、劣後ローンにすることにより、一部債務の返済を据え置き、その間に事業を再生させる手法です。Debt(債務)、Debt(債務)、Swap(スワップ)の略です。

債務者側では、債務の一部が据え置かれるので、その間に事業を再生さえる余裕ができます。銀行の方は、劣後ローンにすることにより、劣後ローン部分を負債ではなく、資本とみなすことができ、債務者企業の債権区分を格下げせずに(引当金の積み増しをせずに)、再生に協力することができるメリットがあります。

ただし、劣後ローンとは言っても、最終的には支払をしなければならない負債ですので、劣後部分までも支払可能な再生計画を立案しなければなりません。